アモキシシリンの効果・副作用と通販で購入する方法

アモキシシリンの効果・副作用と通販で購入する方法

アモキシシリンの効果

アモキシシリン (Amoxicillin) はβ-ラクタム系抗生物質の1種類であり、ペニシリン系の抗生物質に属しています。β-ラクタム系抗生物質の中でも新しく開発されたもので、構造などはアンピシリンと同等ではありますが、腸の吸収がよく経口治療薬として活躍しています。アンピシリンよりも副作用が少なくマイルドになっており、食事による効果が減ってしまうなどのデメリット面が少なくなっています。

アモキシシリンは梅毒淋病などの性病でも活躍しておりその他にも肺炎や、扁桃炎、咽頭炎、膀胱炎、尿道炎、中耳炎、気管支炎など様々な細菌に対する感染症に効果的です。中耳炎の抗炎症作用や鎮痛作用などに特化した小児用のドライシロップなども活躍しています。アモキシシリンは細菌の細胞壁が合成されるのを防ぎ殺菌的に効果があります。細菌の細胞壁ペプチドグリカンの生合成を阻害することで殺菌的効果が得られます。アモキシシリンはβ-ラクタマーゼ産生微生物によって分解されやすく、それを避けるためにクラブラン酸との併用もあります。

服用方法は症状などによって異なりますが、通常成人は1回250mg×3~4回に分けて服用します。小児は体重などによって異なりますので医師に確認しましょう。この成分が含まれた医薬品は多数販売されており、代表的なのが協和発酵キリンからパセトシン、アステラス製薬からサワシリンの名前で販売されています。その他にもジェネリック医薬品も多数存在いたします。

アモキシシリンの副作用

アモキシシリンの副作用

同じペニシリン系のアンピシリンに比べて副作用はマイルドになっていますが、その中で比較的多いとされているのが下痢になります。幼児などが使用する場合や、ピロリ菌除去の為長い期間使用していると軟便になりやすいです。これは抗菌作用が働いており、腸内の細菌バランスが乱れてしまう事によって起こります。しかし便が柔らかくなるくらいであれば問題はありません。もし下痢が続いたり、血液が混ざっている場合は医師に相談しましょう。

その他に吐き気やおう吐、食欲減退、腹痛、発疹などがあります。重度な副作用として頻度は非常に少ないですが、大腸炎や肝機能障害、腎不全、皮膚粘膜眼症候群などもあります。

アモキシシリンの値段

アモキシシリン自体は非常に安価な値段で販売されています。病院で処方してもらう場合でもあまり値段は気になるほどではありません。ジェネリック医薬品も多数開発されており、通販で購入する場合は1錠50円前後の値段で販売されていて、100錠で購入したとしても5000円程で購入することができます。

アモキシシリンを通販で購入

アモキシシリンを通販で購入

アモキシシリンは日本では処方箋薬として認定されており、ドラッグストアなどの店頭で処方箋なしに購入する事はできません。かならず医師診断が必要なのですが、海外の医薬品であれば通販で購入することができます。海外から個人輸入という形なのですが、個人輸入代行サイトなどを利用すると簡単に通常の通販と同じように注文し、手元に届くことができるのです。

中々病院へ行くことができない人、保険証がなくて病院へ行きづらい、症状が症状なだけに誰にも知られたくない人などは通販で購入していることが多いようです。もちろん医薬品を個人輸入するのですから、法で定められたことは守らなくてはいけません。例えば購入できる個数が定められています。通常病院で処方してもらう場合でも処方できる個数は定められており、通販での購入も同じです。この点は代行サイトなどでスムーズに注文できるので心配する必要はありません。

そしてもう一つ重要なのが必ず個人で使用する場合のみ購入できるという事です。販売目的や他人に譲ったりしてはいけません。この点をクリアすれば通常の通販とかわらず家にいながら注文することができるのです。

アモキシシリンのジェネリック

アモキシシリンのジェネリック

アモキシシリンには多数のジェネリック医薬品が開発されています。日本でも今現在国を挙げて高額な医療費削減の為にジェネリック医薬品を推奨しています。ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を主成分としており同等の効果や効能となっています。ジェネリックはもとからある信頼性があり有効性もある成分をもとに開発されているので、開発コストが非常に安く済むのです。その分販売価格も安価にできることから医療費を削減することができます。

アモキシシリンのジェネリックは日本でも沢山開発されていますが、海外でも多数開発されています。その中でも代表的なのが、インドの製薬会社ジャーマンレメディ社が販売しているものと、同じくインドの製薬会社シプラ社が販売しているものです。インドはジェネリック医薬品が主流の国でインドのジェネリックは世界で大活躍となっています。

通販で購入する時にインドのジェネリックを選択する人がほとんどとなっています。ジェネリックはこれからの世界状況に大きく関わっており、日本でもっとジェネリックの知識に対して認知度をひろめる必要があります。