クラリスロマイシンの効果・副作用と通販で購入する方法

クラリスロマイシンの効果・副作用と通販で購入する方法

クラリスロマイシンの効果

クラリスロマイシン (Clarithromycin)はマクロライド系に分類される抗生物質の1種類です。クラミジアやマイコプラズマ、咽頭炎や扁桃炎、慢性気管支炎、皮膚感染症、レジオネラなどに効果的です。

マクロライドの化学合成は非常に困難で、クラリスリスロマイシンは従来活躍していたエリスロマイシンを基に開発された半合成のマクロライドになります。他のマクロライド系と同じ効果で細菌のリボゾーム50Sサブユニットにたいして結びつき、細菌が増殖するために重要なタンパク質の合成を阻害してくれます。これによりクラミジアなどに感染した時にクラミジアの病原菌が増殖できずに徐々に死滅していくのです。これを静菌作用といいます。エリスロマイシンを改良したといっても過言ではなく、同じような効果ですが、クラミジアなどに対してより強い効果を持ち、ほぼすべての点においてエリスロマイシンよりも優れていると考えられています。

通常細菌にしか効果はなく、風邪やインフルエンザなどには無効と考えられていますが高濃度の場合はインフルエンザや肺炎球菌淋菌などでも殺菌的に作用いたします。クラリスロマイシンは酸に対して安定的で、胃酸から保護しなくても服用することができます。腸からの吸収率が高いため経口投与の半分くらいの量で作用点にあたる部位に到着して効果が出ます。経口投与してから2時間程度で最高血中濃度に達します。

クラリスロマイシンの副作用

クラリスロマイシンの副作用

クラリスロマイシンを含んだマクロライド系は全般的に副作用が少ないと考えられています。ときに吐き気や下痢、胃痛など胃腸に関する症状が表れます。大抵へ症状が軽くて済みますが、継続したり重症な場合は早めに受診しましょう。胃腸関係の副作用はエリスロマイシンより頻度は少なくなっています。同系統の薬でアレルギーを持っている人は服用に関して禁忌とされています。

重い副作用として、肝障害や腎障害、大腸炎や皮膚障害、不整脈などがあります。きわめてまれな副作用として考えられますが、高年齢の人や、心臓病の人などは念のため注意して医師と相談しましょう。ED治療薬のシアリスの主成分であるタダラフィルとは併用禁忌となっているので同じ有効成分を使用したジェネリック医薬品でも禁忌となります。

クラリスロマイシンの値段

クラリスロマイシンの値段

クラリスロマイシンは通常保険適用内ですので、保険の割合によって値段は異なります。値段もさほど高いものではありません。通販で購入する場合ジェネリック医薬品を選択すると安価に購入することができます。

クラリスロマイシンのジェネリックを通販で購入した場合の値段

250mg1錠200円前後
500mg1錠300円~400円

クラリスロマイシンを通販で購入

クラリスロマイシンを通販で購入

クラリスロマイシンは日本では薬事法により医師の処方がないと購入できない処方箋薬として認定されています。そのため病院で処方してもらうしか購入方法はありません。しかし海外で一般的に売られているクラリスロマイシンであれば通販で購入することができます。正確には医薬品の個人輸入という事になるのですが、個人輸入代行サイトを通して注文することで通常の通販と同じように購入することができるのです。

例えば輸入できる個数が定められていたり、相手側が海外の会社なため日本語が通じなかったり、などと個人で輸入するにはかなり難しいのですが、代行サイトはその難しい部分のお手伝いをしてくれるのでスムーズに注文ができます。パソコンやスマホなどで家にいながら注文することができるので病院へ行くことに抵抗がある人や時間がない人などに通販での購入はとても人気となっています。

クラリスロマイシンのジェネリック

クラリスロマイシンのジェネリック

海外には日本で販売されていないジェネリック医薬品が多数存在します。クラリスロマイシンは日本ではクラリシッド、クラリス錠の製品名で販売されています。日本でもクラリスロマイシンのジェネリック医薬品は多数開発されており、最近では病院や薬局などでジェネリックを推奨しています。

クラリスロマイシンを通販で購入した場合ジェネリックを選択すると非常に安価に購入できるため人気となっており、インドの製薬会社シプラ社が開発販売しているシンクラーはその中でも人気の製品です。海外ではジェネリックの浸透率が90%という国もあり、欧米などでもジェネリック医薬品が70%も普及しているのです。

日本では今まさに莫大に膨れ上がった高額な医療費削減の為普及させようとしている段階ですが、まだ50%にも満たしておりません。ジェネリックは国境なき医師団でも活躍しており紛争地域でも命を守るため安価に購入することができるジェネリックが選ばれているのです。同じ有効成分を使用していれば同等な効果なのは当たり前です。しかしジェネリックは元から開発されていて有効的なのが判明されている為開発コストや開発期間が短くて済むので販売価格も安くすることができるのです。