クラビットの効果・副作用と通販で購入する方法

クラビットの効果・副作用と通販で購入する方法

クラビットの効果

クラビットの主成分はレボフロキサシン (Levofloxacin) で、キロノン系に分類される抗菌剤です。キノロン系の中でも新しいタイプでニューキロノン系とも呼ばれています。細菌に関する感染症に効果的で、主にグラム陽性菌や陰性菌、クラミジア、マイコプラズマやレジオネラなどに対して効果的です。

グラム陽性菌と陰性菌の用法に対して活性があり、抗菌スペクトルが広いため様々な診療科で活躍しています。細菌のDNAジャイレースを阻害複製を妨げることで、殺菌的に効果を発揮してくれる薬剤となっています。クラミジアをはじめとした尿路感染症や、呼吸器感染症、耳鼻科領域の感染症、皮膚感染症などに対して処方されることが多く、目薬などで目にする機会も多くなっています。

抗菌剤は本来細菌に対して効果的でウィルスに対しては有効的ではありません。しかしインフルエンザなどのウィルス感染症でも、細菌による二次感染した場合や予防の為に使われることもあります。病巣へ移行しやすく、通常経口投与では困難とされていた難治性の感染症でも良い効果を示すことができます。従来使われていた、オフロキサシン(タリビット)からクラビットに移行し今現在もっとも活用されている抗菌剤の一種類となっています。

服用方法は症状などによっても異なりますが、クラミジアの場合通常1日500mgを水またはぬるま湯で飲み、1週間続けてください。症状によっては異なりますので医師に確認しましょう。

クラビットの副作用

クラビットの副作用

副作用は基本的に少ないほうで、ペニシリン系やセフェム系などの抗生物質に対してアレルギーがある人でも使用することが可能となっています。まれに発疹や胃腸関係に対して服用が出るときがあります。もし下痢などが続くときは早目に医師に相談しましょう。同じ系統では特徴的に光線過敏症を起こす可能性があり、太陽の光にあたった皮膚が赤くなったり、重度な場合は水ぶくれになって住まう事があります。そのため皮膚の弱い人や長期にわたって服用する場合は太陽の光に注意しましょう。

重症な副作用はほとんどありませんが、痙攣やアキレス腱障害などが報告されています。その他にも低血糖や、肝障害や、腎障害、不整脈など薬の排泄が遅れてしまいがちな腎臓に疾患があるかたや高齢者の方は要注意となっています。

クラビットの値段

クラビットの値段

クラビットの値段ですが病院で診断し処方してもらえば保険適用内で購入することができます。保険適用外だと1錠250mgで234.2円となっています。500mgの場合は415.7円になります。

通販で購入する場合は、ジェネリックを選択すると非常に安価な値段で販売されています。250mgが100錠で3000円以下で販売されており、1錠30円程で購入することができます。通販でのクラビットのジェネリックの値段は1錠30円~100円で販売されています。

クラビットを通販で購入

クラビットを通販で購入

クラビットは日本国内では処方薬として認定されているのでドラッグストアなどで処方箋なしに購入する事はできません。しかし海外で一般的に販売されているものであれば個人輸入として通販で購入することができます。通販を利用している人の多くが何らかの理由で病院へ行くことができない人で、通販で常備薬としてクラビットを購入しているのです。クラミジアに感染している場合感染率が非常に高く、他の人へ感染させてしまう恐れが非常に高いです。

もし病院へ行くことに抵抗がある人などは通販でクラミジア治療薬のクラビットを購入できることを覚えておきましょう。個人輸入をする時は個人輸入代行サイトを利用することで、簡単に尚且つ安全に購入することができます。個人輸入には様々な制約があり、例えば一度に購入できる個数が決まっていたり、販売したり他人には譲ってはいけないなどです。これらをクリアする為にも個人輸入代行サイトを使いお手伝いしてもらう事で、一般的な通販と同じように購入することができます。

クラビットのジェネリック

クラビットのジェネリック

クラビットにはジェネリック医薬品が開発されています。ジェネリックは同じ有効成分を主成分としており効果や効能、副作用などすべて同等となっています。元々開発されて信頼を置ける有効成分を元に開発されているので開発コストが非常に安いため販売価格も安価にすることができるのです。クラビットの通販では多くの人がジェネリックを選択しております。

代表的なのが、LQuin(シプラ社)、レビフロックス(シプラ社)などです。特にLQuinの人気が高く、1錠90円前後で購入できるところが人気の理由です。ジェネリックは日本国内でも高額な医療費の削減の為薬局や病院などでも推奨されています。同じ効果や効能で値段が安ければ安いほうが人気なのは納得の理由となっています。LQuinは日本では未発売の為、個人輸入として海外から購入する必要があります。その際は個人輸入代行サイトを利用することで通販と同じように簡単に注文することができます。